アレルギー性鼻炎

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとアレルギー

アレルギー性鼻炎

タバコの病気被害を探せ! → タバコとアレルギー → アレルギー性鼻炎

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

アレルギー性鼻炎の喫煙被害

フランスで男性191人×5年間の追跡調査を行ったところ、喫煙者では4,9倍〜5,3倍慢性鼻炎になりやすいことになっていますが、喫煙との関連は、花粉による季節性の鼻炎ではなく、ダニやカビによる通年性のアレルギー性鼻炎について認められたことがわかりました。

さらに、複数の報告によって受動喫煙である小児でアレルギー性鼻炎が多いことが知られています。
トルコのハセッテペ大学での6〜13歳の男女738人に対する調査を行ったところ、受動喫煙がある場合には子供のアレルギー性鼻炎発生率が1,84倍に増えることを報告しています。

アレルギー性鼻炎とは?

鼻の粘膜を舞台にアレルギー反応が起こる病気で、繰り返す発作性のくしゃみや鼻水、鼻づまりの3つが主症状の病気です。

外部か異物(アゲルゲン)が侵入したときに、そのアレルゲンに対応する特定の抗体が存在すると、抗原と抗体が結合し、抗原抗体反応がおこります。

抗原抗体反応がおこると、肥満細胞や好塩基球などの細胞からヒスタミンなどの科学伝達物質が遊離されて、その作用でアレルギー反応がおこります。

これらの化学伝達物質が鼻の粘膜の三叉神経を刺激したり、自律神経のバランスを崩して副交感神経の働きを優位にするために、鼻のむずむず感やくしゃみ、鼻水の過剰分泌などがおこります。
鼻の粘膜の血管が拡張するために、鼻づまりもおこります。

タバコとアレルギー

タバコの煙にはベンゼン、トルエン、ホルムアルデヒド、フェノールなど様々なアレルギー物質が含まれており、喫煙はもちろんのこと受動喫煙までもシックハウス症候群およびその他の化学物質過敏症を引き起こします。
中でも、受動喫煙による多種類化学物質過敏症は深刻で、正常な社会生活を奪われた被害者が多数存在しています。

喫煙による皮膚の老化は、活性酸素の関与によって、しみやしわ、病的な表情などからなるスモーカーズフェイスとなって現れます。
さらには、喫煙による皮膚の血行不良は靴ずれや床ずれの発生頻度を高め、皮膚免疫力の低下が加わることにより、にきびや水虫、感染性湿疹様皮膚炎、化膿性汗腺炎、乳房膿瘍のリスクを高めることがわかってきています。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル