小児の脳腫瘍

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとがん

小児の脳腫瘍

タバコの病気被害を探せ! → タバコとがん → 小児の脳腫瘍

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

小児の脳腫瘍の喫煙被害

妊婦の喫煙の影響は有意ではないとする報告も多いですが、その3分の1位の数の報告では、有意な影響があることを示しています。
ドイツのヨハンス・グーテンベルグ大学での、14歳以下466例の小児脳腫瘍患者の症例対照調査では、妊娠中の母親の喫煙によって、小児脳腫瘍の中で6番目に多い脳室上衣腫のリスクが4,71倍に上昇すると述べられています。

妊婦が受動喫煙を受けることによっても、出世意地の脳腫瘍が起こりやすくなります。
妊婦の能動喫煙と同様に、有意差なしとする報告の約3分の1の数は有意差を示したという報告があります。

イタリアのCベスタ国立神経研究所における小児脳腫瘍90例による症例対照調査では、母の妊娠中の受動喫煙暴露時間と脳腫瘍発生リスクが深くかかわっている事がわかり、1日2時間より多く受動喫煙にさらされていると、さらされていない場合に比べてリスク比が2,2倍になっています。

小児の脳腫瘍とは?

頭蓋内には、脳のほかにも髄膜、脳神経、下垂体などの組織が存在し、そのいずれからも腫瘍が発生します。頭蓋内の腫瘍をまとめて脳腫瘍と呼んでいます。

脳腫瘍のうち、頭蓋内から発生したものを原発性脳腫瘍、肺がんや乳がんなど、ほかの部位で発生した腫瘍が頭蓋内へ転移してできたものを転移性脳腫瘍と呼びます。

また、脳腫瘍の中には、腫瘍が急激に増殖することも転移することもなく、手術で完全に摘出できれば完治する「良性腫瘍」と、急激に増殖して周囲に広がり、組織を破壊して、脳のほかの部分へ転移する傾向があり、手術で腫瘍を完全に摘出することが難しかったり、完全に摘出できたと思っても再発したりする「悪性腫瘍」とがあります。

悪性腫瘍となると、毎年1万4000人に発症して、その1割の人数が亡くなっています。

小児の脳腫瘍は年間100人を少し上回る数の発生があると推定されていて、小児悪性腫瘍の中の約10%を占めています。
成人とは組織型や好発部位が違い、異なった症状や経過を取ります。

タバコとがん

タバコに含まれている40〜50種類にも及ぶ発がん物質は、肺や喉などの煙かふれるところだけにがんを作るのではなく、飲み込まれて消化器のがんを作り、ハイカラ血液中に吸収されて全身の臓器のがんの原因になります。

受動喫煙によっても様々ながんを発生させます。
受動喫煙によってすべてのがんのおこる可能性が1,6倍に増えますが、これは原子爆弾に2,5Kmの至近距離で被爆する危険性に匹敵するほどです。

その中でも特に危険な物質は、ニトロサミンという煙の気体成分に含まれる発がん物質の吸入量は、8時間の受動喫煙によって能動喫煙約10本分にも相当するほどです。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル