食道がん

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとがん

食道がん

タバコの病気被害を探せ! → タバコとがん → 食道がん

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

食道がんの喫煙被害

食道がんの危険因子として、一般的に喫煙よりも熱い飲食物やアルコールが知られていますが、実は喫煙の影響もこれらにひけをとりません。
日本人22万人×16年間の追跡調査のデータを解析した結果、イギリスのオリックスフォード大学の研究結果によると、毎日飲酒によるリスク増加は2,4倍に対して、1日15本以上の喫煙によるリスク増加は2,3倍と、飲酒と喫煙のリスク比はそうたいして変わらないことが証明されています。

習慣的に熱い飲食物接種によるリスクにいたっては1,6倍程度に留まり、一層に喫煙によるリスクが高いことがわかりました。

また、喫煙によるリスク増加を、日本人では2〜3倍、欧米人では3〜4倍と見積もっている研究者も多いです。

食道がんとは?

食道は、口腔・下咽頭と胃との間にある、長さが約25センチメートルの消化管です。
頚部に始まって、胸部、腹部に及び、胸部では大きく胸部上部、胸部中部、胸部下部と三部位に分けて呼んでいます。

食道がんは、食道内腔の最も表層の粘膜上皮から発生するものですが、扁平上皮がん細胞の組織形態によって、扁平上皮がん、腺がん、その他に分類されます。
日本では扁平上皮がんが大部分を占めていますが、欧米では腺がんも多くみられます。

日本では年間1万人が発症しています。日本人の食道がんと欧米人の食道がんでは若干細胞の傾向が違うため、分けて考えないといけないという意見もあります。

進行すると、飲み込みにくい、つかえ間、しみる感、しみる感じがあらわれ、胸骨の後ろ側が痛むようになります。
このような症状が平均で2ヶ月ほど続きます。

タバコとがん

タバコに含まれている40〜50種類にも及ぶ発がん物質は、肺や喉などの煙かふれるところだけにがんを作るのではなく、飲み込まれて消化器のがんを作り、ハイカラ血液中に吸収されて全身の臓器のがんの原因になります。

受動喫煙によっても様々ながんを発生させます。
受動喫煙によってすべてのがんのおこる可能性が1,6倍に増えますが、これは原子爆弾に2,5Kmの至近距離で被爆する危険性に匹敵するほどです。

その中でも特に危険な物質は、ニトロサミンという煙の気体成分に含まれる発がん物質の吸入量は、8時間の受動喫煙によって能動喫煙約10本分にも相当するほどです。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル