肝臓がん

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとがん

肝臓がん

タバコの病気被害を探せ! → タバコとがん → 肝臓がん

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

肝臓がんの喫煙被害

ウイルス性肝炎に起因する肝臓がんでも、そうでない肝臓がんでも、喫煙はリスクを倍増します。
多くの場合は、ウイルス感染は自分ではどうにもならない危険因子になりますが、喫煙は回避できる危険因子です。

ウイルス性慢性肝炎の患者は肝臓がんを合併しやすいことが知られていますが、喫煙は合併率を大幅に増大させます。
重喫煙者と非喫煙者を比べると、合併率の差は5年後で5,8倍、10年後で3,5倍になります。
このことからウイルス性慢性肝炎の患者が重度の喫煙を行うと、長期経過によって肝臓がんを発生させることは必至といえます。

また、筑波大学が、慢性C型ウイルス肝炎の患者の中だけでの肝臓がん発症リスクを調べた結果、喫煙指数(1日本数×喫煙年数)400未満のヘビースモーカーによって2,46倍、アルコール送料150kg以上の飲酒によって1,5倍になります。
この調査によって、初回入院時から5年後の肝臓がん発症率を比べると、非喫煙者で5,4%、喫煙指数(1日本数×喫煙年数)400未満の軽喫煙者で16%、喫煙指数(1日本数×喫煙年数)400以上のヘビースモーカーで31,3%にも昇る事が証明されました。

肝臓がんの危険因子というと、多くの人がまずアルコールの過剰摂取を思い浮かべてしまいますが、これらの検証や研究から、タバコはアルコールに匹敵、もしくはアルコールをしのぐ危険因子であることがわかりました。

肝臓がんとは?

肝臓の働きをになっている細胞である「肝細胞」に似た細胞のがんで、原発性肝がんの約90%がこの肝臓がん(肝細胞がん)です。
日本で肝臓がんができやすいのは、50〜60歳代の人で、男性の方が女性と比べると7:1の割合で多く発症しています。

肝臓がんは、肝臓の中で転移することが多いもので、比較的早期の段階からみられるものがほとんどです。
このため、肝臓がんが発見された時点で、すでに複数の箇所に発生しているケースも少なくありません。
この場合には、多中心性発がんの可能性もあり、腫瘍の大きさ、組織型などで両者を区別します。

肝臓がんになった人のおよそ80%はウイルス性慢性肝炎か肝硬変を患っている人で、それらが続発することが原因であることが多く知られています。さらに、このウイルス性慢性肝炎か肝硬変の90%以上が、C型肝炎ウイルスかB型肝炎ウイルスの感染でおこたものです。

なかでも、C型肝炎ウイルスの感染から起こったウイルス性慢性肝炎・肝硬変の頻度が高く、全体の80%近くを占めるほどです。

タバコとがん

タバコに含まれている40〜50種類にも及ぶ発がん物質は、肺や喉などの煙かふれるところだけにがんを作るのではなく、飲み込まれて消化器のがんを作り、ハイカラ血液中に吸収されて全身の臓器のがんの原因になります。

受動喫煙によっても様々ながんを発生させます。
受動喫煙によってすべてのがんのおこる可能性が1,6倍に増えますが、これは原子爆弾に2,5Kmの至近距離で被爆する危険性に匹敵するほどです。

その中でも特に危険な物質は、ニトロサミンという煙の気体成分に含まれる発がん物質の吸入量は、8時間の受動喫煙によって能動喫煙約10本分にも相当するほどです。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル