多発性骨髄腫

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとがん

多発性骨髄腫

タバコの病気被害を探せ! → タバコとがん → 多発性骨髄腫

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

多発性骨髄腫の喫煙被害

喫煙は多発性骨髄腫の危険因子となっています。
アメリカでは、喫煙率の低いセブンス・デイ・アドベンチスト教会の信者3万4000忍を追跡調査した結果、教会に入る前に喫煙していた人では、双でない人に比べて多発性骨髄腫の発症リスクが3倍で、過去の喫煙量が多いほどリスクが高く、喫煙を継続している人に限っては、リスクが6,8倍にもなると算出されました。

2001年に放映されたテレビドラマ「白い影」は、医師でもある渡辺淳一さんの原作ですが、ひっきりなしに喫煙することによって多発性骨髄腫に倒れた外科医を、中井正弘さんが熱演していました。

多発性骨髄腫とは?

身体の健康を守っている綿木の一翼をになう抗体はタンパク質でできていて、免疫グロブリンと呼ばれています。
免疫グロブリンは、骨髄に存在する形質細胞でつくられますが、この形質細胞ががん化して「骨髄腫細胞」とよばれる異常な細胞になり、無制限に増殖する病気です。

形質細胞の働きが低下する一方で、正常な血液をつくる骨髄の働きも障害されてしまいます。

骨髄腫細胞には、骨を溶かしてしまう因子が含まれているため、様々な骨が破壊され、わずかな外力が加わっても骨折をおこしやすくなり、骨折でこの病気が発見されることも珍しくありません。
視力障害やめまい、頭痛なども起こることがあります。

年間数千人の発症があるとされています。

タバコとがん

タバコに含まれている40〜50種類にも及ぶ発がん物質は、肺や喉などの煙かふれるところだけにがんを作るのではなく、飲み込まれて消化器のがんを作り、ハイカラ血液中に吸収されて全身の臓器のがんの原因になります。

受動喫煙によっても様々ながんを発生させます。
受動喫煙によってすべてのがんのおこる可能性が1,6倍に増えますが、これは原子爆弾に2,5Kmの至近距離で被爆する危険性に匹敵するほどです。

その中でも特に危険な物質は、ニトロサミンという煙の気体成分に含まれる発がん物質の吸入量は、8時間の受動喫煙によって能動喫煙約10本分にも相当するほどです。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル