骨髄異型成症候群

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとがん

骨髄異型成症候群

タバコの病気被害を探せ! → タバコとがん → 骨髄異型成症候群

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

骨髄異型成症候群の喫煙被害

殺虫剤や有機溶剤などの化学物質暴露のある人に発症が多いことが指摘されていますが、同じ化学物質暴露である喫煙によっても発症リスクが高まります。
スウェーデンのルンド大学での、330人の骨髄異型症候群患者を症例対照研究した報告によると、喫煙によるリスク上昇は1,8倍と述べられています。

また、骨髄異型成症候群は半数以上に骨髄細胞の第7、第8染色体変異のあることが知られています。
ルンド大学の研究によると、喫煙とこれら染色体異常の関連は、骨髄と骨髄異型成症候群そのものとの関連よりも強固で、喫煙による染色体改変が骨髄異型成症候群を起こしている可能性が有力視されています。

骨髄異型成症候群とは?

骨髄異型成症候群は、血球を作る骨髄に異常な細胞が増殖することによって、貧血や白血球減少、血小板減少を起こす病気です。以前から治療の難しい病気とされており、急に白血病に移行するものがあり、不応性貧血や前白血病、くすぶり白血病などと言われていました。

原因はよくわかっていませんが、造血細胞が血球を作るときに、成熟がうまくいかず、能力のない血球になってしまうためにおこると考えられています。

現在では、これらの病気は血球の量や質が異常になる病気として、まとめて骨髄異型症候群と呼ばれています。

50歳以上の男性に好発し、慢性に過ごしているうちに白血球化、感染、出血などでなくなることもあります。
治らない貧血、血球の異常、骨髄組織の異常などを検査しますが、専門医でも判断の難しい病気とされています。

タバコとがん

タバコに含まれている40〜50種類にも及ぶ発がん物質は、肺や喉などの煙かふれるところだけにがんを作るのではなく、飲み込まれて消化器のがんを作り、ハイカラ血液中に吸収されて全身の臓器のがんの原因になります。

受動喫煙によっても様々ながんを発生させます。
受動喫煙によってすべてのがんのおこる可能性が1,6倍に増えますが、これは原子爆弾に2,5Kmの至近距離で被爆する危険性に匹敵するほどです。

その中でも特に危険な物質は、ニトロサミンという煙の気体成分に含まれる発がん物質の吸入量は、8時間の受動喫煙によって能動喫煙約10本分にも相当するほどです。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル