腎臓がん

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとがん

腎臓がん

タバコの病気被害を探せ! → タバコとがん → 腎臓がん

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

腎臓がんの喫煙被害

喫煙との関連は数多くの調査によって指摘されています。
報告されているリスク比を平均すると1,6〜1,7倍になります。

米国対がん教会による100万人×6年間の追跡調査によると、喫煙による腎臓がん発症リスク増加は、男性で1,84倍、女性で1,43倍とやや男性の方がリスクが高くなる結果となりました。

これはそもそも腎臓がんそのものが男性におこりやすいことが起因しているかもしれません。

腎臓がんとは?

腎臓は血液を濾過して尿を作り出す働きをしています。
成人の場合は、腎臓の大きさは握りこぶしくらいで、ちょうどみぞおちの両側、それも背中に近い奥の位置に左右一個ずつ存在します。
肋骨で囲まれていて、普通は身体の外から触れることはできません。

腎臓がんは、腎臓で尿のもとになるものが最初に流れ出てくる尿細管という部分が、がん化して腫瘍になったもので、左右どちらの腎臓にも同じ程度に発生します。

ほとんどは、50歳以降に発症しますが、30歳代や時には20歳代にもみられる病気です。
ごくまれですが子供にも発症することもあります。

年間罹(り)患者数は7000名程度と推定されています。

タバコとがん

タバコに含まれている40〜50種類にも及ぶ発がん物質は、肺や喉などの煙かふれるところだけにがんを作るのではなく、飲み込まれて消化器のがんを作り、ハイカラ血液中に吸収されて全身の臓器のがんの原因になります。

受動喫煙によっても様々ながんを発生させます。
受動喫煙によってすべてのがんのおこる可能性が1,6倍に増えますが、これは原子爆弾に2,5Kmの至近距離で被爆する危険性に匹敵するほどです。

その中でも特に危険な物質は、ニトロサミンという煙の気体成分に含まれる発がん物質の吸入量は、8時間の受動喫煙によって能動喫煙約10本分にも相当するほどです。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル