腎盂・尿管がん

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコとがん

腎盂・尿管がん

タバコの病気被害を探せ! → タバコとがん → 腎盂・尿管がん

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

腎盂・尿管がんの喫煙被害

2002年には非常にポピュラーなフェナセチンという鎮痛薬の腎毒性と尿路発がん性が指摘されて発売中止になりました。

しかしながら、発がん性化学物質摂取であるタバコ喫煙にも、化学工場勤務や各種発がん性薬剤摂取にまさる危険率増加があります。

ドイツフンボルト大学での症例対照調査では、フェナセチン習慣摂取による腎盂がん発生リスク増加は5,28倍で、喫煙におるリスク増加は5,91倍、腎盂・尿管がんの種類で言えばフェナスチンの3倍と報告されています。
この結果を見ると、腎盂・尿管がん全体で見ても喫煙とフェナスチン習慣摂取では、喫煙のほうが発がん因子として重大であることがわかります。
医学的見地のみから考えれば、フェナスチンよりも先にタバコが発売中止されてもおかしくないことがわかると思います。

腎盂・尿管がんとは?

腎臓の組織から染み出した尿は、まず腎杯という隙間にたまり、次に腎臓内に袋状に広がる腎盂に集まります。集まった尿は、腎盂と膀胱を結ぶ太さ5ミリメートルほどの細い管である尿管の中を流れていきます。

腎杯・腎盂・尿管の内面は、膀胱と同じように移行上皮という粘膜で覆われています。
この粘膜から発生したがんを腎盂がんと尿管がんです。

腎盂・尿管は各種化学物質暴露に弱い部分なので、化学物質を扱う職場の従業員に多発しています。これは化学物質が体内で代謝されて発がん性の高い物質に変わった後、腎臓で濃縮されて腎盂・尿管に流れ込んでいくためと考えられています。
また、約5%の患者は左右両方の腎盂や尿管にがんが発生します。
片側だけの場合も、がんの病巣が腎盂・尿管の別の場所に、複数できることもあります。

タバコとがん

タバコに含まれている40〜50種類にも及ぶ発がん物質は、肺や喉などの煙かふれるところだけにがんを作るのではなく、飲み込まれて消化器のがんを作り、ハイカラ血液中に吸収されて全身の臓器のがんの原因になります。

受動喫煙によっても様々ながんを発生させます。
受動喫煙によってすべてのがんのおこる可能性が1,6倍に増えますが、これは原子爆弾に2,5Kmの至近距離で被爆する危険性に匹敵するほどです。

その中でも特に危険な物質は、ニトロサミンという煙の気体成分に含まれる発がん物質の吸入量は、8時間の受動喫煙によって能動喫煙約10本分にも相当するほどです。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル