小児喘息

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコによる子供被害

小児喘息

タバコの病気被害を探せ! → タバコによる子供被害 → 小児喘息

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

小児喘息の喫煙被害

タバコの煙に含まれているナフタレン類やビレンは、アジュバント効果のあることが知られています。
アジュバント効果とは、もともとアレルギーの抗原でない物質とおともに体内に入ることで、その物質をアレルゲンと認識させてしまう効果の事です。

したがって、タバコ煙とアレルゲンと認識させて一緒に吸い込めばハウスダストのアレルギーとなり、タバコ煙とカビを一緒に吸い込めばハウスダストのアレルギーになり、タバコ煙とカビを一緒に吸い込めばカビのアレルギーになります。

アメリカのボストン私立病院では幼児4331人の調査解析結果によると、母親の喫煙によって小児喘息の発症リスクが2,6倍になることが報告されているほかに、喘息患児の尿中ニコチン濃度は、喘息でない対照児の2倍以上であることも報告されています。

小児喘息とは?

喘息は「慢性の炎症性気道疾患」ということになっています。
慢性の炎症があると、気道や気管支の内側にある粘膜が腫れて粘膜を多く分泌して、さらに気管支のまわりにある筋肉が縮んで気管支を締め付けるようになります。こうなると気道が狭くなり、空気が通りにくくなるために喘鳴とよばれるゼーゼー、ヒューヒューといった発作や、息切れ、胸の圧迫感、咳の発作がおこります。
発作は、早朝とか夜間に特に強くなります。

気道が狭くなるのは一時的に治りますが、気管支が過敏になっているために、少しの刺激でも再び狭くなり、発作が起こります。

喘息を発病する子供のうち、1歳までに発病するのは、その約30%ですが、4〜5歳までに広げると80〜90%になります。発病した子供の50%は、10〜20際までに症状が消えますが、大人になると再び現れることがあります。
また、重症の喘息の子供は、大人になっても治らない割合が増えます。

タバコによる子供被害

親の喫煙によって子供の喫煙開始年齢が早まる傾向があります。学校の敷地内禁煙化は未成年喫煙の抑制に有効ですが、それが守られていないのも現実です。

若年齢から開始した喫煙は、成人してから始めた同等量の喫煙よりもはるかに大きいがん、心筋梗塞のリスク増大をもたらします。親や教師は、子供の喫煙を「子供の自殺」として捉えて行動するべきです。

妊娠中の喫煙によって小児自閉症が増加し、妊娠中の喫煙と出生時の受動喫煙によって、攻撃的性格に象徴される注意欠陥多動障害が発生しやすくなります。妊娠中の喫煙は子供の将来の暴力的犯罪を倍増させるとの報告もあります。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル