一過性脳虚血発作

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと神経の病気

一過性脳虚血発作

タバコの病気被害を探せ! → タバコと神経の病気 → 一過性脳虚血発作

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

一過性脳虚血発作の喫煙被害

喫煙は動脈硬化と血管収縮によって一過性脳虚血発作を起こしやすいことがあります。

アメリカ、ノースカロライナ大学での1万5800人×2年間の追跡調査によると、喫煙によって一過性脳虚血発作リスクの増加は、白人男性で1,88倍、白人女性で1,59倍でした。

受動喫煙との関連も指摘されています。
日本赤十字社センターでは、受動喫煙をするたびに頚動脈のれん縮から一過性脳虚血発作を繰り返す非喫煙女性の症例を報告しています。
この症例は、高血圧のあった51歳の女性で、右手の麻痺で入院して頚動脈の狭窄が確認されました。
1週間で症状が軽快したにもかかわらず、病棟の面会室で漂ってきたタバコ煙を吸ったところ、右手のまひが再発しました。さらに1週間後にまた漂ってきたタバコ煙を吸ってまひが再発したというものです。

一過性脳虚血発作とは?

脳に行く血液の流れが悪くなって、めまいや一過性の意識消失などの様々な神経障害がでますが、24時間以内(多くは20分以内)に自然によくなり、症状がなくなる病気です、

頚動脈など頭に向かう血管の狭窄によって起こる場合と、頭骸骨に入って脳に分布する血管の狭窄によって起こる場合があります。

この病気は、発作を何回も繰り返したり、発作の度に症状が強くなる、症状の持続時間がながくなるといったときは、それに引き続いて脳梗塞の補佐を起こすことが多いので、要注意です。

一過性脳虚血発作をおこしたときは、できるだけ早急に、脳神経外科か神経内科の診察を受けて、医師の指示があったときは、入院して適切な治療を受けることが必要です。

タバコと神経の病気

喫煙は脳卒中の主要な原因となっていますが、その中でも特にくも膜下出血での影響があきらかにされています。
脳卒中後の重大な合併症である脳血管れん縮も、喫煙によっておこりやすくなります。脳卒中のリスクは受動喫煙でも1,82倍に増加します。

喫煙は免疫不全状態の大人において真菌性の髄膜炎をおこしやすくしますが、子供においては受動喫煙が髄膜炎の危険因子になります。
受動喫煙によって細菌性髄膜炎が2,36倍になり、その内髄膜炎菌によるものは3〜8倍に増加します。

【オススメサイト】
タバコと神経の病気には関連性があります。
タバコ以外にもハウスダストも病気の関連性が高いようですね。

普段から片付ける習慣を身に付けておきましょう。
自分で出来ない場合は、ゴミ屋敷整理 愛媛などのサービスや行政などもありますので、依頼してみて下さい。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル