流産

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと妊娠・出産の関係

流産

タバコの病気被害を探せ! → タバコと妊娠・出産の関係 → 流産

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

流産の喫煙被害

流産と妊婦の喫煙の関係については無数の報告がありますが、算出sれているリスク比を平均すると約1,5倍と考えられています。

アメリカのスタンフォード大学での女性医療従業者1万2914任の郵便追跡調査によると、1日20本以上の喫煙によって流産リスクが1,7倍になるという結果が出ました。
さらにこの報告では、20歳以下と40歳以上での喫煙の影響が顕著となり、20代と30代での影響が明らかでありません。

これは40歳以上の妊娠に比べて20〜30代の妊娠は、高齢妊娠に起因する障害がなく、胎内環境が良好なので喫煙によって発生した異常胎児が流産しにくく、先天異常児として出生しやすくなるためかもしれません。

20歳以下で喫煙している妊婦では、成長期からの喫煙によって女性生殖器の正常な成長が妨げられ、タバコによる直接作用以外に何らかの妊娠障害が起こって、喫煙の作用が増幅されるのではないかとも考えられています。

流産とは?

妊娠22週未満で分娩が起こってしまうことを流産といいます。
近年、未熟児保育の医療技術が進歩したことによって、500グラム前後の胎児が生まれても、救命が可能であった例が報告されています。

しかし、これらはみな妊娠22週以降の胎児だったために、現在では22週未満を流産の境界として定義しています。

流産は、妊娠がわかった人の10〜15%におこると言われていますが、妊娠が確認されておらず、気づかないうちにおこる、ごく初期の流産例も含めるとさらに高い割合でおこっていると推定されています。
流産のおこる原因は様々ありますが、特定できない場合もよくあります。

タバコと妊娠・出産の関係

妊婦の喫煙、受動喫煙、受精前の父親の喫煙は、卵子や精子の染色体や遺伝子に異常を起こし、胎児の器官形成に異常を起こして様々な先天異常を発生させます。
代表的な病気には、水頭症、小顎症、口蓋裂、口唇裂、小頭症、無脳症、鼠径ヘルニア、さい帯ヘルニア、斜視、先天性斜視、尿路奇形、内反足、外反足などがこれにあたり、血管腫や皮膚異常は妊婦の喫煙によってリスクが増大します。

また、喫煙は母乳の分泌線の発達を阻害してしまい、母乳分泌不全を起こします。喫煙授乳婦の母乳には、血中の3倍のニコチンが含まれており、ビタミンC、Eが不足してしまいます。
喫煙母による母乳栄養は乳幼児突然死症候群のリスクを上昇する可能性も指摘されています。
さらに、受動喫煙によっても母乳からニコチンが検出されており、ダイオキシンをはじめとする様々なタバコ煙有害物質の混入が懸念されています。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル