肺気腫

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと呼吸器の病気

肺気腫

タバコの病気被害を探せ! → タバコと呼吸器の病気 → 肺気腫

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

肺気腫の喫煙被害

肺気腫は代表的なタバコ病です。
近年では、タバコの煙にもともと含まれている活性酸素や、タール文を体内で処理するときに発生する活性酸素が発症に関与しているらしいということもわかってきました。

活性酸素は、直接気道上皮を傷害するとともに、肺胞壁の弾性繊維が分解されるのを調節するα1−アンチトリプシンという酵素を不活性化させます。

肺気腫を発症する人の多くは、1日20本以上、20年間以上のヘビースモーカーです。恐ろしいのは60歳くらいになって肺胞の破壊がかなり進んでからはじめて症状が現れることです。

肺気腫とは?

肺の中で、血液に空気中の酸素を取り入れ、血液中の二酸化炭素を空気中に排出する働きをしているのが肺胞ですが、この肺胞が破壊される病気です。

肺胞の壁は、ゴム風船のゴムのように、胸郭のポンプのような動きに合わせて、膨らんだり縮んだりしていますが、肺気腫の肺胞にはゴムのような柔軟性が失われているので、特に息を吐くときに健常者よりも時間がかかります。

このように呼吸が十分にできなくなるために、最初にみられる症状は、身体を動かした後の息切れです。
ほとんどの肺気腫の患者は慢性気管支炎を伴っていてあわせて、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれます。

昔は炭鉱労働者のじん肺、化学工場や造船所での化学物質吸入なども原因になっていましたが、現在ではほとんどなくなり、心悸の肺気腫発生はほぼ100%が喫煙によるものといってもいいでしょう。

タバコと呼吸器の病気

喫煙者や受動喫煙者は気管支が狭窄してしまい、呼吸機能検査の数値が著しく低下してしまいます。

皮肉なことに受動喫煙にさらされている非喫煙者は、軽喫煙者と同等の機能低下をきたしています。
急性の低下は数分の受動喫煙でも起こってしまい、喘息患者などへの影響も懸念されます。

喫煙により、肺ランゲルハンス細胞肉芽腫症、好酸球性肺炎、成人呼吸促迫症候群、特発性間質肺炎など肺の間質に起こっている病気や、喉頭ポリープ、自然気胸、呼吸細気管支炎、睡眠時無呼吸症候群などの病気もほとんどはリスクが高まります。
特に、好酸球性肺炎は受動喫煙との関連も指摘されていますので、注意が必要です。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル