気管支喘息

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと呼吸器の病気

気管支喘息

タバコの病気被害を探せ! → タバコと呼吸器の病気 → 気管支喘息

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

気管支喘息の喫煙被害

スイスのローザンヌ大学での非喫煙者4200人の調査によると、受動喫煙による成人喘息発症リスク増加は1,39倍でした。
この報告によると、1日の受動喫煙暴露時間や周囲の喫煙人数と発症リスクの相関が示されています。

さらにフィンランドにおける231人の症例対照調査によると、職場の受動喫煙にて2,16倍、家庭の受動喫煙にて4,77倍、成人の喘息がおこりやすくなるという報告もあります。

自分の喫煙や、就職後の受動喫煙で、小児喘息の経験のない人が突然発症することも、小児喘息からそのまま成人喘息に持ち越したり、一度治癒した喘息が成人になってぶりかえしたなどということもあります。
また、長期間環境タバコ煙にさらされていると喘息を発症しますが、一度喘息を発症すると、ごく短時間、またはごく低濃度のタバコ煙暴露によって発作が引き起こされます。

気管支喘息とは?

気管支がけいれんしたり、たんが増加したために、肺への空気の出入りが悪くなる病気です。
そのため、苦しい息をするたびに、ゼーゼー、ヒューヒューといった音がします。
これが代表的な症状の喘息発作ですが、治療によって、または自然によくなるのが特徴です。

ただし、重症化すると呼吸ができなくなり、窒息死したり、一命は取り留めても低酸素脳症で一生植物状態になったりという人が大勢います。多少咳が多くて日常生活に支障をきたすだけの病気ではありません。

喘息はダニや植物の毛などアレルギー性の刺激や、感染や空気汚染など非ラレルギー性の刺激によっておこります。
室内空気汚染の最大の要因は、いうまでもなくタバコです。

タバコと呼吸器の病気

喫煙者や受動喫煙者は気管支が狭窄してしまい、呼吸機能検査の数値が著しく低下してしまいます。

皮肉なことに受動喫煙にさらされている非喫煙者は、軽喫煙者と同等の機能低下をきたしています。
急性の低下は数分の受動喫煙でも起こってしまい、喘息患者などへの影響も懸念されます。

喫煙により、肺ランゲルハンス細胞肉芽腫症、好酸球性肺炎、成人呼吸促迫症候群、特発性間質肺炎など肺の間質に起こっている病気や、喉頭ポリープ、自然気胸、呼吸細気管支炎、睡眠時無呼吸症候群などの病気もほとんどはリスクが高まります。
特に、好酸球性肺炎は受動喫煙との関連も指摘されていますので、注意が必要です。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル