好酸球性肺炎

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと呼吸器の病気

好酸球性肺炎

タバコの病気被害を探せ! → タバコと呼吸器の病気 → 好酸球性肺炎

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

好酸球性肺炎の喫煙被害

禁煙から喫煙を再開したり、タバコをすい始めたりして数日で発生する例や、禁煙にて治癒してから再度喫煙することによって再発する例などが多く報告されていて、仕組み自体は不明なままですが、喫煙との関連が確実視されています。

国立姫路大学病院では、急性好酸球性肺炎5例を報告していますが、その全例において、喫煙を開始して間もない男性だったそうです。

受動喫煙との関連も複数の研究報告で指摘されています。
大宮市医師会市民病院では、わずか喫煙開始2ヵ月後に発症して、禁煙にて改善しましたが、2時間の受動喫煙によって再発した急性好酸球性肺炎の男性を報告しています。

好酸球性肺炎とは?

肺の組織に白血球の一種の好酸球が入り込んで障害を起こし、特有の症状と胸部X線写真に異常な陰影を示す病気です。
肺好酸球増多症候群(PIE)ともいわれています。

病状や原因の違いによって、単純性好酸球性肺炎、急性好酸球性肺炎、慢性好酸球性肺炎、ぜんそく性好酸球性肺炎、結節性好酸球性肺炎、熱帯性好酸球性肺炎、ウェーゲナー、肉芽腫などに分類されています。

抗生物質は無効です。

中でも急性好酸球性肺炎は、喫煙との関連が明らかになっています。
症状としては、発熱、せき、呼吸困難から始まり、急速に進行して急性呼吸不全となり、人口呼吸が必要になることがしばしばあります。

タバコと呼吸器の病気

喫煙者や受動喫煙者は気管支が狭窄してしまい、呼吸機能検査の数値が著しく低下してしまいます。

皮肉なことに受動喫煙にさらされている非喫煙者は、軽喫煙者と同等の機能低下をきたしています。
急性の低下は数分の受動喫煙でも起こってしまい、喘息患者などへの影響も懸念されます。

喫煙により、肺ランゲルハンス細胞肉芽腫症、好酸球性肺炎、成人呼吸促迫症候群、特発性間質肺炎など肺の間質に起こっている病気や、喉頭ポリープ、自然気胸、呼吸細気管支炎、睡眠時無呼吸症候群などの病気もほとんどはリスクが高まります。
特に、好酸球性肺炎は受動喫煙との関連も指摘されていますので、注意が必要です。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル