特発性間質性肺炎

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと呼吸器の病気

特発性間質性肺炎

タバコの病気被害を探せ! → タバコと呼吸器の病気 → 特発性間質性肺炎

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

特発性間質性肺炎の喫煙被害

アメリカのニューメキシコ大学での248例の症例対照調査によると、21〜40パック×年(1日喫煙箱数×喫煙年数)の積算喫煙量でリスクが2,3倍に増大するといった報告があります。

特発性間質性肺炎とは?

肺は、肺実質と肺間質との2つにわけることができます。
肺実質とは、酸素を体内に取り込んだり、二酸化炭素を体外へ排出するガス交換の場のことで、実際に空気に触れている部分です。

肺間質は、結合組織などによって、そのようなガス交換の場を形成している、肺の骨格的な部分をいいます。

間質性肺炎というのは、なんらかの原因で、主として肺の間質に炎症がおこり、時間の経過と共に、だんだんと間質の線維成分が増加し(腺維化)、組織自体の柔軟性が失われる病変が、間質を中心に起こってくる病気です。
その中でも、灰間質に長い期間にわたり慢性的に炎症があらわれて、線維化がゆっくりと進むタイプの感質性肺炎があります。
こういった病態を示しているものを特発性間質性肺炎、もしくは特発性肺線維症と呼んでいます。

慢性の息切れと咳により発症し、呼吸不全に進行したりします。
年間で400例ほどの発症があり、患者数全体では4000人ほどとなります。

タバコと呼吸器の病気

喫煙者や受動喫煙者は気管支が狭窄してしまい、呼吸機能検査の数値が著しく低下してしまいます。

皮肉なことに受動喫煙にさらされている非喫煙者は、軽喫煙者と同等の機能低下をきたしています。
急性の低下は数分の受動喫煙でも起こってしまい、喘息患者などへの影響も懸念されます。

喫煙により、肺ランゲルハンス細胞肉芽腫症、好酸球性肺炎、成人呼吸促迫症候群、特発性間質肺炎など肺の間質に起こっている病気や、喉頭ポリープ、自然気胸、呼吸細気管支炎、睡眠時無呼吸症候群などの病気もほとんどはリスクが高まります。
特に、好酸球性肺炎は受動喫煙との関連も指摘されていますので、注意が必要です。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル