精子の異常、男性不妊症、体外受精失敗

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと泌尿生殖器の病気

精子の異常、男性不妊症、体外受精失敗

タバコの病気被害を探せ! → タバコと泌尿生殖器の病気 → 精子の異常、男性不妊症、体外受精失敗

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

精子の異常、男性不妊症、体外受精失敗の喫煙被害

シンガポール国立大学でおこなった、原因が特定されていない男性不妊症患者218人による症例対照調査によると、喫煙による男性不妊症発生リスクは2,96倍になることがわかりました。

精子数が少ない男性不妊の治療としては、体外受精が行われたり、体外受精の中でも、顕微鏡観察下で直接精子を卵子に注入する顕微授精が行われたりしますが、喫煙男性では、非喫煙男性に比べてこれらの成功率が低いことが知られています。

ドイツのミュンスター大学生殖医学研究所で行った、体外受精213例、顕微授精202例の検討によると、体外受精の成功率は、非喫煙男性だと32%、喫煙男性だと18%、顕微授精の成功率は、非喫煙男性だと38%、非喫煙男性だと22%に低下することが証明されています。

精子の異常、男性不妊症、体外受精失敗とは?

不妊症というのは、赤ちゃんが欲しくて、否認せずに性交渉をもっていても赤ちゃんができない人、妊娠しない人をさくので、赤ちゃんを希望していなければ、病気とは考えないのが普通です。

不妊症になる原因として考えられるのが精子の異常です。
射精できても妊娠させられないときは、精子に異常があると考えられます。

一般的に、健康な男性が1回の射精で射出する精液は1〜5mlで、平均すると3ml程度であり、精子の数は、精子1mlあたり8000万程度です。
これが3000万以下になると、精子減少症、あるいは乏精子症といい妊娠の確率は低下します。

タバコと泌尿生殖器の病気

喫煙男性は非喫煙者と比べると精子の数が少なく、運動能力が低く、貴兄や染色体異常が多いことがわかっています。
喫煙による精子異常は男性不妊、早産、流産、先天異常、小児がんの原因にもなります。

古くから知られていた喫煙による勃起不全は、陰茎海綿体での平滑筋拡張物質の合成阻害によることが最近の研究でわかってきました。
ペニスが湾曲するペイロニー病も喫煙によって発症しやすくなります。

胎児期に母親の喫煙でタバコ煙に暴露された人では、成長してから卵子の異常による女性不妊症や、精子濃度不足によって男性不妊症をおこしやすくなります。喫煙による膣の正常細菌そうの破壊は細菌性膣炎をもたらしてしまいます。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル