早発閉経

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと泌尿生殖器の病気

早発閉経

タバコの病気被害を探せ! → タバコと泌尿生殖器の病気 → 早発閉経

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

早発閉経の喫煙被害

喫煙と閉経年齢に関しては昔から多くの研究が行われていて、喫煙によって1〜2歳閉経が早まることが広く知られています。

女性看護師6万6633人×2年間の追跡調査を行った結果、喫煙女性が40歳未満で閉経を迎える可能性は、非喫煙女性の1,87倍、40〜44歳で閉経を迎える可能性は」2,13倍に増加することがわかりました。
この結果から、閉経年齢の低下と喫煙量が相関していることがわかり、1日35本以上喫煙する女性では、平均閉経年齢が非喫煙者よりも2歳低くなることもわかりました。

早発閉経のメカニズムは、タバコ煙成分が卵巣と卵巣への血管に作用して、卵巣の排卵機能と女性ホルモン産生機能を早期に廃絶させる為と考えられています。

受動喫煙も早発閉経を引き起こすという報告もあります。
アメリカ国立環境保健科学研究所が調査を行ったところ、夫が喫煙する場合の非喫煙妻の閉経年齢は、夫が喫煙しない場合に比べて2,1歳低く、早発閉経が起こる可能性は受動喫煙によって1,9倍になることがわかりました。

早発閉経とは?

45〜55歳くらいで、平均51歳で月経が停止します。

卵巣の加齢によってゴナドトロピンに対する反応性は低下してきます。
40歳代後半になると、無排卵周期が増えてきて、徐々に月経不順となってきます。また、エストロゲン分泌の低下や無排卵、ゴナドトロピンの上昇がみられるようになります。

日本人の閉経時期の平均は50,5歳といわれていますが、通常44歳以下の閉経の場合は早発閉経とみなされます。

タバコと泌尿生殖器の病気

喫煙男性は非喫煙者と比べると精子の数が少なく、運動能力が低く、貴兄や染色体異常が多いことがわかっています。
喫煙による精子異常は男性不妊、早産、流産、先天異常、小児がんの原因にもなります。

古くから知られていた喫煙による勃起不全は、陰茎海綿体での平滑筋拡張物質の合成阻害によることが最近の研究でわかってきました。
ペニスが湾曲するペイロニー病も喫煙によって発症しやすくなります。

胎児期に母親の喫煙でタバコ煙に暴露された人では、成長してから卵子の異常による女性不妊症や、精子濃度不足によって男性不妊症をおこしやすくなります。喫煙による膣の正常細菌そうの破壊は細菌性膣炎をもたらしてしまいます。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル