ニコチン依存症

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと精神病

ニコチン依存症

タバコの病気被害を探せ! → タバコと精神病 → ニコチン依存症

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

ニコチン依存症の喫煙被害

ニコチン依存症は、喫煙によっておこりうる最大の病気です。

薬物依存は(中毒)は、使用の制御困難、連続使用、やめたときの不快な離脱症状などによって規定できますが、ニコチンはアルコールと比べてもはるかに強い中毒性を持っていることはあまり知られていません。
ニコチンの依存性は、コカインやヘロインなどの薬物と同等の強さがあることが証明されていますので、強く認識する必要があります。

アルコールをたしなんでいる人の中では、毎日朝から飲酒しなければ我慢できないような慢性アルコール中毒状態の人はそうそう見かけることはありませんが、タバコに関して言えば、ニコチンを摂取せずに過ごせる人のほうがまれです。

ニコチン依存症とは?

タバコの中には、天然アルカノイドの一種である「ニコチン」が含まれていて、これが毒性をはっきすることで中毒症状があらわれます。
灰皿代わりに使用していた缶に残っていた飲料水を飲んでも中毒症状があらわれます。
この場合は、子供、大人を問わずおこりますので注意が必要です。

量が少なければ、ふるえやけいれん、頭痛、めまい、錯乱、血圧上昇、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの症状が出る程度ですが、摂取量が多くなると、呼吸数が減り、血圧の低下、除脈・心房細動、房室ブロックなどの不整脈を起こします。
最悪の場合は、呼吸停止が起こって死亡することもあります。

タバコと精神病

タバコに含まれる「ニコチン」は、脳のシナプスにおいて神経伝達に成り代わり、神経回路を誤作動させて薬理作用を発揮します。

ニコチン依存症に陥ると、このシナプスが過剰反応に慣れて機能低下を起こし始めます。
こうなってしまうと、脳はニコチン無しでは神経回路が正常に機能しなくなり、深いな離脱症状をおこしますが、ニコチンが離脱症状が解消されるからといって、これをニコチンの効用とは呼べません。

ニコチンのない状態を続けると、シナプスは通常通りの機能が改善されます。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル