子供のニコチン依存症

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと精神病

子供のニコチン依存症

タバコの病気被害を探せ! → タバコと精神病 → 子供のニコチン依存症

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

子供のニコチン依存症の喫煙被害

若い年齢で喫煙を開始した人ほど、禁煙する可能性が少ないことが最近わかってきました。
20代以降で習慣的喫煙を開始した人では半数以上が後に禁煙するのに、10代で習慣的喫煙をした人では禁煙する人が46%にとどまりました。さらに18歳以降で初回喫煙をした人では約半数が禁煙するのに、14歳以下で初回喫煙した人では32%しか禁煙できていないようです。

このことから、喫煙本数の多いことが、ニコチン依存の高いことと同義ではないことがわかりますのが、相関はあります。
若い頃から喫煙を開始した重度のニコチン依存者は、ヘビースモーカーになりやすいことがわかっています。
喫煙本数が多く、かつ強固なニコチン依存に陥っている人は、受動喫煙の防止という観点からも大きな障害になります。

ひっきりなしに喫煙し続ける喫煙習慣を満足させるような分煙を行うことは現実的に不可能ですし、強固なニコチン依存は、分煙の必要性までも否定してしまいます。

子供のニコチン依存症とは?

タバコの中には、天然アルカノイドの一種である「ニコチン」が含まれていて、これが毒性をはっきすることで中毒症状があらわれます。
過程では、このタバコを食べてしまうという事故が、生後12ヶ月未満、特に生後8ヶ月くらいの赤ちゃんによくおこります。
しかしながら、ニコチンには、嘔吐をおこさせる作用がありますので、自分からすぐに吐き出すことが多いですし、ニコチンは、胃から吸収される速度はゆっくりとしていますので、赤ちゃんに思い中毒が起こることはまれです。

万が一、子供が食べてしまったらまずは口の中に指を入れて吐かせます。
タバコを小腸のほうへ押し込む危険がありますので、吐かせる前に水や牛乳を飲ませてはいけません。
食べた量が2分の1本以下であれば、多少の症状があっても家庭で様子をみましょう。

タバコと精神病

タバコに含まれる「ニコチン」は、脳のシナプスにおいて神経伝達に成り代わり、神経回路を誤作動させて薬理作用を発揮します。

ニコチン依存症に陥ると、このシナプスが過剰反応に慣れて機能低下を起こし始めます。
こうなってしまうと、脳はニコチン無しでは神経回路が正常に機能しなくなり、深いな離脱症状をおこしますが、ニコチンが離脱症状が解消されるからといって、これをニコチンの効用とは呼べません。

ニコチンのない状態を続けると、シナプスは通常通りの機能が改善されます。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル