不眠症

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと精神病

不眠症

タバコの病気被害を探せ! → タバコと精神病 → 不眠症

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

不眠症の喫煙被害

ニコチンには覚せい剤と同じくらいの覚醒効果があり、身体の中のニコチンが抜けない人、抜けきらない人では、睡眠のリズムが破壊されて不眠症になりやすいことが指摘されています。

米国ウィスコンシン大学での約3000人の横断調査では、喫煙者は比較的寝つきが悪い上、悪夢を見やすく、その結果として目覚めの困難さや日中の眠気が起こりやすいことがわかってきました。
また、これは人によっては睡眠時無呼吸症候群も併発しますので、一層に安眠が困難になるでしょう。

不眠症は、禁煙補助用のニコチンガムやニコチンパッチでもおこることが知られており、薬剤の添付文書にも記載されています。

不眠症とは?

不眠症は、睡眠覚醒障害の一つのタイプで、睡眠が不足するものです。
これはもっともありふれた病気の一つで、最近の調査によると、日本人の約4分の1に相当する人が不眠の症状がみられているようです。

症状としては、横になってもなかなか寝付くことができない「入眠障害」、早朝の暗いうちに目覚める「早朝覚醒」、睡眠の途中で目が覚めてしまう「途中覚醒」、眠りが浅く熟睡感がない「熟眠障害」などがあります。

このような症状が続いてあらわれ、かつ、本人はもちろんのこと、家族などにも著しい苦痛や、社会生活、仕事にまでも機能障害をもたらしたりする場合に、不眠症と診断されます。

タバコと精神病

タバコに含まれる「ニコチン」は、脳のシナプスにおいて神経伝達に成り代わり、神経回路を誤作動させて薬理作用を発揮します。

ニコチン依存症に陥ると、このシナプスが過剰反応に慣れて機能低下を起こし始めます。
こうなってしまうと、脳はニコチン無しでは神経回路が正常に機能しなくなり、深いな離脱症状をおこしますが、ニコチンが離脱症状が解消されるからといって、これをニコチンの効用とは呼べません。

ニコチンのない状態を続けると、シナプスは通常通りの機能が改善されます。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル