不安障害

サイトマップ |  プライバシーポリシー
タバコと精神病

不安障害

タバコの病気被害を探せ! → タバコと精神病 → 不安障害

タバコの病気被害を探せ!サイトの主旨

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか?
最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。
タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、
禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

不安障害の喫煙被害

マックス・プランク研究所で約2600人の調査対象を4年間監視したところによると、ニコチン依存に陥っている習慣的喫煙者では、非喫煙者に比べて、広場恐怖症が3,7倍、社会恐怖症が2,5倍、特定恐怖症が2,4倍、全般性不安障害が2,4倍と、厳密的には統計に有意ではありませんが、発生頻度が高かったことが証明されています。

また、最近ではパニック障害などの特効薬として知られている「SSRI」と呼ばれる抗うつ薬の一種が脚光を浴びていますが、喫煙者ではこれらの薬の効果が弱くなるということが知られています。

不安障害とは?

強い不安や恐怖感が特徴である神経症性障害で、不安神経症、恐怖症を含んだものをいいます。

具合が悪くなったときに、逃げることの出来ないような場所や、助けを得られなかったり、恥ずかしい思いをしたりしてしまうのではないと心配になるようなところなどの、慣れた場所から離れた、孤立した状況で「発作が起こるのではないか」という不安を抱いてしまい、それらの場所や状況をさけてしまう「広場障害」、その不安があるために家から一歩も外に出ないで過ごすようになる「予期不安」などの症状も特徴的な不安障害の一つです。
その他にも他人の注視を浴びることへの恐怖がある「社会恐怖症」、高所や閉所などの恐怖の強い「特定恐怖症」も不安障害の症状の一例です。

また、パニック発作や広場恐怖がはっきりしないものの、6ヶ月以上持続して漠然と不安や心配な気持ちでいるものを「全般性不安障害」と呼びます。

タバコと精神病

タバコに含まれる「ニコチン」は、脳のシナプスにおいて神経伝達に成り代わり、神経回路を誤作動させて薬理作用を発揮します。

ニコチン依存症に陥ると、このシナプスが過剰反応に慣れて機能低下を起こし始めます。
こうなってしまうと、脳はニコチン無しでは神経回路が正常に機能しなくなり、深いな離脱症状をおこしますが、ニコチンが離脱症状が解消されるからといって、これをニコチンの効用とは呼べません。

ニコチンのない状態を続けると、シナプスは通常通りの機能が改善されます。

メインメニュー

タバコと精神病 タバコと呼吸器のがん タバコと呼吸器の病気 タバコと循環器の病気 タバコと脳・神経の病気 タバコと消化器の病気 タバコと内分泌系の病気 タバコと骨・関節の病気 タバコと泌尿生殖器の病気 タバコと妊娠・出産の関係 タバコによる子供被害 タバコとアレルギー タバコと感覚器の病気

タバコの病気被害を探せ!モバイル

タバコの病気被害を探せ!モバイル